人気ブログランキング | 話題のタグを見る

学会と私

LAでSIGGRAPHという学会があって、発表しに行ってきました。
一応、ComputerGraphicsの業界で一番大きな学会で数万人の人がきます。
CGは自分の専門じゃないんですが、
舞台演出と映像みたいな感じのテーマで発表してきました。

今年3度目の海外発表ですが、
やっぱり、自分の研究を発表するのって
アイデンティティの探索、表現、発露だと思います。

大きな学会であればあるほど、
胃が痛くなるような緊張感があるんですが、
それがまた、発表の快感につながります。

自分は今年、年に8件発表します。
これって人に比べたらかなり多い数字です。
発表ばっかりしてるのって、
実は、自分は常に自分のアイデンティティを探し、
人に見せてないと、だめだからかもしれません。。。

あと、よく考えると、学会に行くのってけっこう無駄が多いです。
30分の発表のためにわざわざ10時間も飛行機に乗り、1週間も滞在する。
でも、やっぱり、そこでできた人と人のつながりは新たな世界を見せてくれます。
ただし、自分が発表しないと、他人は自分の存在に気づいてくれません。
人に自分の存在をアピールし、つながりを作るために発表し、参加する。

学会は自分確認のひととき。そして、新たな世界への翼。
by w_junji | 2004-08-13 06:52


<< 無意識の確信 選ぶことと捨てること >>