聴こえますか。

ヨーロッパから、無事帰国しました。
なんだか、まだ足がむくんでいる気がしますが、多分、健康です!

たくさん飛行機に乗って、たくさん移動して、いろんな人に会って。
ワークショップ、舞台、現代美術、メディアアート、ニューロサイエンス。
短い間に、とても、いろんな価値観と混ざり合って、
クリアになったこと、いい意味でわからなくなったこと、たくさんあります。

ただ、それを整理し、余韻を味わう暇もなく。。。
次の仕事は容赦なくやってきます。

今は、目の前のことに流され続けて、溺れそうな状態で、
息をしに水面に一生懸命顔を出しては沈み。その繰り返し。
自分の定点を確保する間もなく、次々に進んでいくのは、すごく不安で苦しい。
自分に余裕がないときは、夜も眠れない。

だけど、苦しいときに、「苦しいよう」って泣いて、
「明日もがんばる!」って笑って誰かと言いあえる。
それは、すごく大切なこと。

明日のことなんてわかんないけど、
それは、今の自分たちの背中をやさしく押してくれる。
今、がんばってる親友の話を聞くと、涙が出ちゃう。

まだ若いつもりだけど、最近、涙もろいのは、なんとも。
歳のせいでしょうか。。。
(疲れているだけであることを望みますが。。。)

ただ、歳をとると、それはそれで、世界の見え方が変わるのだなと思います。
時間が必要なこと、時間がたつとわかることがあるのだと思います。

人との間に信頼を作ることはもともと時間がかかる大変なこと。
人を待たせ、人を待つことの意味。。。
時間がかかること、それ自体の役割。

記憶は時間とともに変容し、
いつか、その人たちの声は思い出せなくなってしまうかもしれない。

でも、その人たちの存在のカケラ。
その向こうの物語がすっと心の記憶に入ってくる瞬間がある。
そして、それは日常の中にぽつんと落ちてる一瞬。
その人との物語が確かにあったことを、思い起こさせてくれる想像的知覚。

自分の中に、他人が確かにいるように、
たくさんの他人の中にも確かに自分がいる。
「自分はこれです、ここにいます。」って言う頑なさは何の力も持たない。

むしろ、「自分は、ここにも、そこにもいます。」
と言える透明さ、しなやかさを持ちたい。


聴こえますか。

「私は、ここにも、そこにもいます。」



ドイツのダンサー川口ゆいさん、慶応大学の坂倉杏介さん
をはじめとする皆さんととご一緒している 「Project HEREing Loss
(上の台詞は川口さんの言葉)

以下のパフォーマンス、ワークショップの申し込みは上記HPから

●Audio dance performance 「HEREing Loss -私の孵る場所-」

日時:12月26日(金)19:30
    12月27日(土)14:00/18:00
    12月28日(日)14:00

場所:横浜赤レンガ倉庫1号館

寝台席:3200円(各回20席)
普通席:3000円(各回70席)


●「HERE/HEAR 」いることと聴くことのワークショップ

日時:12月23日(祝)14:00/18:00
場所:慶応大学三田キャンパス東館6階

無料、各20名 申込締切12月10日



以下、今週末からの展示のお知らせ。

TECHTILE展
「SMOOTHNESS 触感←→オノマトペ ~触る・感じる・伝える~」

日時:2008 年 11 月 30 日 ~ 12 月 5 日 
    13:00 ~ 19:00 (11月30日のみ10:00~20:00)
会場:ZAIM 横浜創造界隈【ザイム】 別館 2Fホール
入場無料

・Touch the Invisibles:渡邊淳司、草地映介、安藤英由樹

  Touch the Invisiblesの世界では、”見る-触る”の関係性が実世界と異っています。
  実世界では見えるものに触ることで、触った感覚が得られます。
  しかし、この世界では”見えない”ものに触ることができ、
  見えるものには触ることができません。
  作品では、モニタの中をたくさんの人が歩いています。
  この人たちは影のみで実体が見えません。
  このとき、彼らを指でなぞると、指腹に”触った感覚”が返ってくるとともに実体が現れます。
  一方、実体が見えたときに、彼らに触っても触った感覚は返ってきません。
  つまり、Touch the Invisiblesの世界は、見えない人にのみ触ることができる世界です。

・「触 り心地の響きあい」ワークショップ:渡邊淳司、 早川智彦、松井茂

  私たち人間は、触覚を使った言葉を持っていませんが、
  触覚の抑揚(つまりは触り心地の変化)からも何らかのメッセージを
  受け取ることができるのではないでしょうか。
  本ワークショップでは、たくさんの触覚テクスチャ片を用意し、
  それらの触り心地を分類し、触覚のメッセージを作ってみました。
[PR]
by w_junji | 2008-11-25 05:58 | 自己紹介の代わり


<< Faithfull? 10 days 9 flights >>