10 days 9 flights

今日、立教大学(志木)でやっている、舞台関係の研究が一段落しました。
そのなかで、人をインタビューするという仕事をしたのですが、
人から話を引き出すのは、とても難しいなぁ、と思いました。

インタビューされることはあっても、インタビューするというのは初めてで、戸惑いました。
自分がしゃべることはいくらでもコントロールできますが、
相手がしゃべり、かつ、
どの方向へ行くかわからない話の交通整理をしながら、
ある種のメッセージをもらうというのは、
なんだか、暗闇の中を、ライトで照らしながら動くものを探している感じです。

追いついたと思ったら、またどこかへ。
けっこう進んだだ思ったら、結局最初と同じこと言っていたり。。。

あと、インタビューと2人で普通に話すのはとても違います。
インタビューは記録されているので、
話すほうも、話されるものもある種の流れを意識します。
その流れにとらわれる必要はないのですが、
少しでも、その流れをお互い意識しながら、やり取りするのはとても楽しい。
相手の話にいいタイミングで、返事をすること。
相手の話をきちんと受けて返事をすること。
難しいですが、うまくいくと、
まるで、相手の世界の中を旅をさせてもらっているようで、
とても面白いなぁと思います。


明日の発表。
11月10日10:00~18:00
第2回領域シンポジウム「表現の未来へ」 -デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術-
@東京大学 弥生講堂一条ホール

13日から23日まで、
10日で9本飛行機に乗るという出張に行ってきます。
体力的にきつそうですが、何とか、がんばってきます。
帰ってからも、12月は、展示x1、学会x2、ワークショップ・舞台x1と盛りだくさんで、
今年は冬まで大変な年だなぁとおもいます。

来年はできるだけ、お休みがほしいです。
携帯も、PCもない南の島でゆっくりして、いろんなものをリセットしたい。
そんなことを思います。

11月15日~30日
Article|08 @Stavanger, Norway
Junji Watanabe, Hege Tapio
"Money's Biography"

ノルウェーの展示ですが、日本人が2人いてびっくり。
それも、もう一人は明和電気の土佐社長です。。。

11月15日~19日
Neuroscience2008 @Washington DC
J Watanabe, M Watanabe, K Ueno, T Asamizuya, K Tanaka, K Cheng
"An fMRI Study of Visual Smear Induced by Saccadic Eye Movements"

fMRI素人なのに。。。不安です。
[PR]
by w_junji | 2008-11-09 21:05


<< 聴こえますか。 信じられるもの >>