ロシア・サンクトペテルブルク

1週間、ロシアのサンクトペテルブルグ(旧レニングラード、ロシアの西の端)に行って来ました。
ホテルの窓からの眺めはすごく幻想的で、
朝靄の川縁には現実離れした風景が広がっていました。
a0014725_34256.jpg

ヨーロッパの河のある街は、独特の雰囲気があって好きです。
ロンドンのテムズ川、パリのセーヌ川、フィレンツェのアルノ川、ブダペストで見たドナウ川。
街の中心に河が流れていて、川向こうの風景を眺めながら歩いている間は時間を忘れます。
そして、河は朝昼晩、違った顔を見せてくれます。
特に夜、街の光、橋を渡る車のヘッドライト、人工的な光の中に照らされる川面は
現実感があるようなないような不思議な感じを受けます。

a0014725_3224724.jpg

そんな幻想的な街の様子とは裏腹に、
水道から出てくる水は濁った黄色です。
飲めません。お風呂もバスクリンを入れたような色になります。
スリがたくさんいます。
学会会場で盗難に会った人も何人もいて、なんだか、バランスの悪い国でした。

a0014725_323696.jpg

エルミタージュ美術館は混みすぎです。
開場30分前に並んでも30分くらい待ちます。
門が開くとロシアの人々は何事もなかったように、横から入ってきます。
ロシアに並ぶという文化はないようです。

a0014725_3311137.jpg

ちなみに、
アエロフロート・ロシア航空は思ったよりも悪くありません。
ロシアの夏は夜の10時まで明るいです。
ロシア語は英語より起源が古いそうです。
ロシア人でもウォッカを飲んで酔いつぶれます。
by w_junji | 2006-08-29 03:27


<< 展示@未来館のお知らせ 交換する生き物。人間。 >>