ガッカイ

先週、フロリダで行われた
Vision Science Society という学会で発表してきました。

学会というとなんだか堅苦しい気がしますが、ぜんぜん、そんなことないです。
基本的にはパワーポイントとかで
自分のやっている研究内容を発表するのですが、
プレゼンターの人は、
ネクタイにスーツかと思いきや、Tシャツ、サンダルで発表してます。
フロリダという気候のせいもあるのかもしれませんが、ラフすぎ。
それに、近くにビーチがあって、
発表の合間にはそこでゆったりしながらディスカッション。
日本では考えられません。

自分も発表があったわけですが、
当然、使用言語は英語。
聴衆約500人。
それも、NatureとかScienceという
世界最高の科学雑誌に記事書くような人もたくさんいる。
緊張しまくりですわ。
意地悪な質問されたらどうしようと思い始めると
皆の顔が陰険に見えてくる。。。

自分の発表では、
なりふりかまわず、変な発音でも、ゆっくりの英語でも伝わることが優先。
それだけを考えました。
伝わりやすい、スピード、タイミング、単語の選び方、スライドの配色 etc etc

結局、どうにか自分なりにはうまくできた気がします。
いつもは厳しい先輩の人に、NiceTalkと言われうれしかった。
もっとうれしかったことは、
見ず知らずの人に
「きみの発表を聞いて自分の研究の問題が解決した」
言われたことで、
自分のやっていることが
人の役に立っているということに素直に感動。

人に何かを伝えるということに、本当に一生懸命取り組み、
人の役に立ち、何かを生み出すことができた気がして。
[PR]
by w_junji | 2004-05-10 00:05


<< 続ガッカイ ブログとオシャレ >>