ActivityとLife

もっと広く、もっと早く、もっと多く、もっと効率的に、もっと上へ
あげるときりないけど、いわゆる拡大指向。
先へ先へ行くことによる向上感がそれを支えています。

自分のActivityもご多分にもれず、
もっとたくさんの論文を書く、たくさんの発表をする
もっと美しい作品をつくる、もっといろんなところで展示する
もっと多くの人にみてもらう
なんてことがモチベーションになっていて
自分が向上していく、多く人に認められていくことが支え。

それはそれでいいんですが。

Local, slow, simpleなんて言葉も好きです。
ただ、そこにいる快感、生きているだけでのシアワセ
自分の周りのちょっとしたことに笑い、悲しむ。
無目的に自分の好きなものを探す、歩き回る。
時間の流れを感じる。
拡大指向を促進するための余暇とは意味が違う。
そんな時間が自分の中で分かち難い半分を占めている
自分の拡大指向がActivityというなら、こっちはLifeって感じ。

実は、
そんなLifeを実現していくときに情報って実は重要。
文化、人の生活を知ることは自分のLifeを豊かにしてくれる。
拡大指向のために生まれたインターネットはいつしか、Lifeをも豊かにしてくれる。
見たこともないところにいる人の多様な価値観、生活を伝えてくれる。
おそらく、そこにいる人はぼくが見てるなんて思ってないだろうけれども、
ぼくはあなたの言葉に心を動かされる。

その人の存在証明。
多くの人にみてもらいたい、後世に残るような自分の足跡を残したい。
そんなことを考えていたわけではないだろうけど。
日常生活を人に見てもらうために生きる人がいないように。
ただ、ただ、生き、自分の思いを書いた。それだけ。
でも、どこかの誰かがあなたを見ている。
あなたの存在から何かを思ってくれる。
[PR]
by w_junji | 2004-04-23 15:45


<< 茶室の文化はどこへ? プレゼンテーションって気持ちいい >>