平行移動 in 世界

日本にいると、
留学ってなにか特別なことのように思ってしまう。
内から外へ。って感覚が付きまとう。

それは、日本が閉じているから?

日本にいると、いろんなデータ(事実の報道)は入ってくるけど、
それにはまるでリアリティがないというか、リアリティを感じることができない。
リアリティを感じるには、
実際にそこにいくか、身体感覚に結びついた想像力が必要だと思うのですが、
どちらを実現するのもけっこう難しい。
なので、なんとなーく、国外のことは、(もしかしたら国内のことでも)
自分と関係なく、過ぎていく。

それが、留学なんてことを考えだすと、急に国外のことが意識に入りだし、
自分は国外のことに対して何のリアリティも感じていなかったことに気づく。

場所が変われば、文化、言語が変わるから
それに適応する必要があるけど、
留学って別に、学び、生きる場所が変わるだけ。
内から外へじゃなくて、ただの平行移動。

日本は電車で1時間行けば
文化も言葉も違う隣の国がある、なんて状況じゃないからかもしれないけど、
日本の中にいると、なんとなく閉じている感じがつきまとってくる気がします。
[PR]
by w_junji | 2004-09-19 13:10


<< コミュニケーションと努力 なな? >>