<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

THE END OF PLAIN PLANE -さよなら退屈な飛行機-

カナダ、モントリオールから帰ってきました。
13時間以上の飛行でくたくたです。
飛行機ついでに思い出したのですが、

Q ブラニフ航空という航空会社を知っていますか?(3択)

A:スターアライアンスメンバーの中東の小さな航空会社
B:Mr.Braniffさんの自家用ジェットのこと
C:60年代のファッション・アート・デザインのトレンドを乗せた航空会社及びその活動

http://www.braniffinternational.org/
http://www.braniff-expo.com/


-----ブラニフエクスポ/パンフレットより-------
「THE END OF PLAIN PLANE さよなら退屈な飛行機」このキャッチフレーズのもと、
アレキサンダー・ジラルド、エミリオ・プッチ、アレキサンダー・カルダーたちの
クリエイティブが集結した伝説のエアラインがアメリカにありました。
当時アメリカで唯一のコンコルドを所有し、世界初のペイント飛行機を飛ばし
ジェット族と呼ばれる新しい世代を作り上げることになった航空会社
=それがブラニフ航空です。

はい。正解はCです。
(残念ながら、この航空会社は1982年に就航を停止しました。)

2004年9月、その展覧会を渋谷パルコでやってて、偶然、展覧会に足を運びました。
そのとき、なんだか、胸をわくわくさせて、見ていたことを覚えています。

「あら、こういう空の旅って素敵じゃないかしら?」っていう空気が、
飛行機のペイント、アテンダントの制服、椅子、あらゆるところから感じられて
今見ても、すごいかっこいい。というか、今よりかっこいい。

あれだけ、内装や外装、デザインに金をかけてたら
そりゃ、採算は取れてなかったと思う。
でも、こういう活動ってAlternativeの提案っていうか、
Quality of Lifeのためのピエロなんだとおもう。
「そういうのもありなんだ」っていう。

人の生って元来、なんでもあり。どう生きてもいいはず。

フレームの中で期待されることを、期待された範囲でやって
二重丸もらって、はい、おしまいじゃ、つまんない。
日常のフレームのちょっと外に、人の心を揺さぶる何かは落ちている。

こういう活動がそのフレームの外を垣間見せてくれたり、
そのパンフレットだったり、ステッカーは
非日常を日常に持ち帰るちょっとした仕掛けであったりする。

自分のやってることも、こんな風に映ったらいいなぁ。と思う。
ピエロでいいと思う。今なら、笑ってピエロになれる。
何かのために自分の個人的な欲や恥を捨てて、かつ楽しく活動できたら。

ぼくの話を聞いて、
「あら、そんな体験も素敵かも?」
「あなたはそんな風に世界が見えるんだ、こんな世界もあるんだ。」
って少しでも思ってもらえたらさいわいです。
[PR]
by w_junji | 2006-04-30 05:42

【展示・講演のお知らせ~】

このたび、GW、5月3日~7日に
自分の展示を含め、工学と芸術に関する研究展示会が
日本科学未来館(東京お台場)で行われます。
体験型の展示が多く子供から大人まで楽しめる内容になっています。

○展示:予感研究所 アート+テクノロジー+エンターテイメント=?!
325人の研究者たちの予感
http://www.miraikan.jst.go.jp/j/event/2006/0507_other_01.html

また、5月4日に同じく未来館で、自分の研究に関する講演を行います。
(どなたでも聴講可能です。)
よろしかったら、お誘いあわせの上、お越しください!

○講演:情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会 第4回研究会

日時: 2006年5月3日(水)4日(木)13:00~
会場:日本科学未来館(東京お台場)7FみらいCANホール
二日目 5月4日[13:00~17:00]

【招待講演】
[13:00~14:15]
「ベンディング・カルチャー」 久保田晃弘(多摩美術大)

[14:15~15:00]
「知覚体験を拡大させるインタフェース・芸術表現」 渡邊淳司(JST / NTT)

[15:15~16:00]
都市の経験を情報科学する -風景・地形・歩行- 田中浩也(慶大)

[16:00~16:50] 【パネルディスカッション】 アート×エンジニアリング×社会
モデレータ:チェン・ドミニク(東大 /NTT  ICC)
パネリスト:久保田晃弘,渡邊淳司,田中浩也
[PR]
by w_junji | 2006-04-22 20:07

成分解析やりました。

http://seibun.nosv.org/

99%はやらしさで出来ています
 1%は濃硫酸で出来ています

ほとんどやらしさですか。

さいきんは、「欲を捨てて楽をみつけよう」を合言葉に生きてきたつもりですが
あまり、成分には反映されてないようです。

「欲を捨てて楽をみつけよう」とは、
自分はこれがしたい!とか、自分が満たされるために何かを望んで、
それで苦しくなって、他人にやさしくなれなくなるより、
自分がやって楽しいと思えること、日常の中のちょっとした機微をみつけて楽しみたい。
ということ。

日常は非日常の積み重ね。
何も変わらないようで、同じことなどひとつもない。

いつもどこかに。日常の1%は濃硫酸。
[PR]
by w_junji | 2006-04-14 02:30