<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どんな人に「この人についていきたい」って思いますか?

ぼくの場合

・自分には見えないものが見えていて、そこに確信を持って進んでいる人。
・その人の周りで何かが起こりそうな予感がする人。

大事なものを決めるのに、確信だ、予感だって不確かなものばかり。
でも、どんな事実や約束よりも、そっちのほうがしっくりくる。

不確かなものに、言葉で輪郭を与えるのはたやすい。
でも、それは、あっちでもこっちでもあるのだよ。
その悲喜コモゴモをそのまま受け入れて進んでみよう。
[PR]
by w_junji | 2006-02-28 02:50

スキスキ帖買ってしまったーよ。

最近、本をよく買います。
川村かおり、MISIA、糸井重里、の次は後藤繁雄「スキスキ帖」です。

後藤さんいわく、
自分の好きなものの究極を集めたんじゃなくて、
何か、好きなものを物語るのでもなくて、
今捕まえないと消えてしまうものを捕まえて、
それを欲している人に、心にグッと来るかたちで伝える、そんなものの集まり。

例えば、
「塩ラーメンはこの店!醤油ラーメンはここ!」って何かをコレクションするのでなく、
「このラーメン屋さんは美空ひばりが食べに来て。。。」って特別な物語を語るのでもなく、
「そういえば、このラーメン、この前食べたおいしいラーメンと同じスープ使ってるかも?」って、
自分のなかで他人と共有できるような好きの方向を、ふと指し示してくれる感じ。

この人、自分で
「編集には2種類しかない。いっぱい集めるか、物語るかです。」
って言っておきながら、自分はなかなか他の人にはまねできない、別の方法をやっている。
自分を空にして、他人の入れ物になる。というか、
節操なく世の中を見渡し、面白そうなものを探し当て、消化し、的確なところへ流し込む。
高度な好奇心と洞察力とおせっかい力のたまもの。


あと、「好き」を集めるって、自分の感情をきちんと自分の言葉で説明する練習。
今、自分がどんな状態か把握し、正確な言葉に落とす。
バーで、自分のFeelingを店員さんに伝えて、
それに合わせたカクテルを造ってもらうなんてのは、ちょっとした大人の遊びかも。
的を得た感情表現は、
喉下に刃物を突きつけられたかのように、ドキッとする。

ちょっとしたコミュニケーションの端々にドキッとしたり、
ふとした仕草にワクワクする。
そんな、しなやかさ、豊かさが日常生活にあるといいなぁ。と思う。

妄想的かもしれないです。

でも、ぼくは信じています。
[PR]
by w_junji | 2006-02-28 00:15

川村かおりとエンタテインメント

今日、2冊本を買いました。
1冊は「Helter Skelter」 川村カオリ

「川村カオリ」って名前を見て、懐かしさで思わずレジに。
浪人時代、ラジオをよく聴いてました。
「まっすぐでひたむきで美しいと思う。ひりひりとパンクだと思う。」
と本の帯に書いてあるんですが、まさにそんな感じのラジオ。

川村さんがラジオでしゃべっていた忘れられないコメントがあります。
街で気になる人とすれ違ったとき、川村さんは
「あの、すみません、私、あなたのことが気になるのですが、友達になってもらえませんか?」
と声をかけに追いかけるって言っていた気がします。(いつもじゃないでしょうが。)

今を大切に切実に生きること、
“瞬間”に敏感であること、そのとき瞬発力を持って行動すること。

点、ポイント、で人生を生きている気がします。
生のベクトルとベクトルが交差する燃え上がるような一瞬一瞬に価値をおいている、
3日本当に幸せな日があれば、人生、生きられる。
危ういけど、そういう生き方、好きです。

もう一冊は「MISIAのエンタメデイズ」
エンタテインメントについてMISIAが書いたエッセイ集です。
MISIAは本の中で、
「エンタテインメントは人生のオープニングテーマ」だと。

誰かの人生に影響を与えて、その人が、「きっかけは・・・」と後で語るときに、
オープニングになるのがエンタテインメント、その人の心を動かし、行動を変えた体験だと。

エンタテインメントとはちょっと話はずれるけど、
ぼくは、心のうちから湧き出す必然性を持っている人っていいなぁと思います。
簡単に言うと、自分が心からやりたいという何か目的を持っている人。
そういうのを持っていると、世の中のたいていのことって、
その目的を達成するのにプラスかマイナスかで判断できるから。迷わなくていい。

ぼくなんか、自分の中に必然性がないから
自分の外に、世の中に、社会に、誰かに、必然性を求めてしまう。
ちょっと旅行に行くにも、自分が行きたいからとか言う前に、
学会だから。あそこには見とくべきお祭りがあるから。あの人が来いって言ったから。
いっつも自分の外に理由がある。

自分の中に必然性がないと、
世の中、社会に対して、自分が求められていることを探すのって大変。
よく考えてみると、そこにはなにものでもない自分がいるだけだから。
自分じゃなくてもできることだらけ。必然性なんて何処にもない。

だけど、世の中とか社会にじゃなくて、
ひとりの個人として、目の前の“あなた”にならできることはあるのかも。
自分の言葉や行動が、
あなたの心・行動を変化させるきっかけになることはできるかもしれない。
自分の存在があなたのエンタテインメントとなればいいと思う。
[PR]
by w_junji | 2006-02-09 02:21