<   2004年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

そんなときも。

心、身体ともに疲労困憊です。。。

忙しくて身近な人にすらやさしくできません。
あたかも、スケジュールをこなすように人と会ったり。
気づかないうちに高慢になっている自分にがっかり。

きちんとしたタイミングで自分の気持ちを表せないことが多いです。
そんな基本的な部分が欠けている自分は
すごくいびつな心をしてるのかなと思ったり。

この落ち込みは、実は、
うまくやれてない自分自身に対して落ち込んでいて
結局は自分のことしか考えていないのでは?

今は、「人生そんな時もあるさ」と思って、
自分のやるべきことを見つめなおし、ゆっくりそれに向き合っていきます。
[PR]
by w_junji | 2004-06-22 13:19

Gus Van Sant、Edouard Lock

映画や舞台をよく見に行くのですが、
今年は衝撃的な作品に会うことが多いです。
特に下の2つは印象に残っています。

「Elephant」 by Gus Van Sant
http://www.elephantmovie.com/

「amelia」 by la la la Human steps (Edouard Lock)
http://www.lalalahumansteps.com/

あんまり内容のことを話してもしょうがないのですが、
「Elephant」はアメリカのコロンバイン高校の銃乱射事件をテーマとした映画で
映像並べ方、カメラアングル、ストーリーが映画っぽくなく
実写映像を使った抽象映像美術ともいうべきものでした。

「amelia」 は舞台で行われたアートパフォーマンスなんですが、
こちらは、すごいおもしろいシーンがあったと思いきや
なんだこれ?みたいなつまらないシーンが始まったりするのですが、
よく考えてみると、そんな面白いシーンを作れる監督が
なぜ、つまらないシーンをいれるのか?
実は、見る側にストレスを与えるためにわざとやってるんじゃないか?
人の感情を動かすには適度のストレスと快感が必要で、
そこまで考えて舞台を作っているのなら、それは天才だと思いました。
公演途中はいろいろ考えましたが、
舞台を見終わった後、すごく気持ちがよかったのを覚えています。
[PR]
by w_junji | 2004-06-18 01:12

待つこと

ぼくは旅行に行くときにはデジカメではなく
フツーのカメラを持っていきます。
フツーといっても、ちゃんとしたカメラじゃなくて写るんですのことも多いです。

なんでかというと、
デジカメはなくすとつらいというのもあるのですが、
旅行から帰ってきた後、写真屋さんに出して2,3日待つのがいいのです。
待っている間に、どんな風に撮れてるかな、誰に見てもらおう、
とかいろいろ考えるじゃないですか。
それって楽しくありません?

パーティの準備をしているとき、
どういう服を着たら楽しいだろう?
どういう飾り付けをしたらみんなが喜ぶかな?
なんて考えたらワクワクするし、

好きな人を待っているとき、
今日はどこに行こう?
どんな楽しい時間をすごせるかな?
とか想像すると結構シアワセな時間だったりします。

待つことにただイライラするだけなんて、もったいない。
[PR]
by w_junji | 2004-06-17 01:14

巫女さんと科学者

巫女さんは
自分の身体を通じて神様とコミュニケーションする人達。
荘厳な儀式を通じて身体に神の一部を宿らせます。

科学者は
実験を通じて人間の精神とコミュニケーションする人達。
実験データという精神の足跡を通じて精神の機能に近づこうとします。

しかし、最近の脳の計測装置では
「頭の中のどこの部分がいつ働いているか」
ということまでわかるようになりました。
その装置を使えば、
「○を見せて頭の中のある部分が働いたから、
ここの部分は○の解釈に使われている。」
ということがわかります。。。

わかりますって、書きましたが、本当にそうなんでしょうか?

頭の中の働きを計測して、
その部分は精神の中でこんな役割をしていると考えるのは
コンピュータのCPUの温度を測って、
いまここが熱くなっているから、コンピュータは表計算をしているんだ。
と考えるのといっしょで、そこには超えてはいけない飛躍がある気がするのです。

脳や身体の物理的なことは確かに重要です。
(そのおかげで現代医療も進みましたし。)
でも、人の精神ってそこにあるのでしょうか?
精神は物理的な身体のもっと向こうにある気がしてなりません。
たとえ、脳の中を調べても、
そこにはこれまでと同じく、精神の足跡しか見つからない気がします。
[PR]
by w_junji | 2004-06-15 23:26

恋人は尊敬すべきです。

先日、尊敬する友人の誕生日会に行ってきました。

彼はやさしくて、人を惹きつけるカリスマ性をもったヤツで
いっつも楽しい友人達に囲まれている。
いつも一人になってしまう自分とは正反対。。。
だからというわけではないですが、
彼の意思、生き方をすごく尊敬しています。

人はみんな物理的には大して変わらないのに
その身体の向こうにある、意思、生き方とかは
人それぞれ、すごい差があるなー。と、しみじみ思いました。

人は何よりも、その身体の向こうにある、意思、生き方を感じて、
人を好きになり、尊敬するのでしょうね。
そして、その尊敬の相手が異性だった場合、恋をする。(ときもある)

恋ってやっぱり、その尊敬の上にあるもので、
お互いそれぞれの価値観で生きているから、
自分の価値観を押し付けても仕方がないし、
自己満足のために相手を使っちゃいけない。
恋はお互いの尊敬、理解、愛情があって初めて成り立つのかななんて思います。

自戒をこめて。
[PR]
by w_junji | 2004-06-15 01:48

小さなシアワセ、大きな幸福

今日はいつもどおり、朝7時に起きました。
起きて30秒後にメールをチェックすると
「午前中のミーティングはキャンセルです。」
というお知らせが入ってました。

午前中のスケジュールがなくなり、急に眠くなりました。
じゃあ、もう一時間寝てしまえ。オヤスミナサイ。

そんなわけで、8時に起きて、シャワーを浴びて家を出ました。
そういえば、なんか、唇がカサカサ。リップクリームを買って塗りました。

最近、田口ランディさんという方の小説を読んでます。
田口さんの他の本も読みたいと思って本屋さんによりました。

今日は梅雨なのにいい天気。
せっかくなので、駅から学校までいろいろ寄り道して散歩しました。

歩いているうちに、最近運動不足だなー。と実感。
近くのグランドでサッカーをしました。

そういえば、ピナ・バウシュのチケット取りそこなったなー、と思ってたところ
別件で友人に電話したら、偶然チケットを譲ってもらうことになりました。

ミーティングがなくなったおかげで
最近、忙しくてなかなか満たされなかった小さな欲望達を満たすことができました。
ちょっとひっかかる、心や体の小さな欲望を満たしてあげるのって
心の余裕につながるし、それだけでも毎日の生活が幸福だなぁ。と思います。
[PR]
by w_junji | 2004-06-14 16:39

細胞分裂のエクスタシー

先日、友達のダンサーが
シンポジウムでお話をするというので、見に行きました。

彼女にとってダンスは、見る人とは関係なく存在し、
自分の身体の気持ちいい、楽しいところを探す過程だ。
と言っていました。

シンポジウム後、彼女と飲んでいると、
生きてること、進化することって、気持ちいいことに向かっているよ。絶対。
ダンスだって、Hだってそうだし。 なんて話になりました。

確かに、動物の交尾は気持ちよさそうです。
では、昆虫はどうなの?
気持ちよいとかあるのかな?
さらに、アメーバの細胞分裂は???

ちょっと想像してみると、すごい気持ちよさそうです。
細胞分裂。
生殖行為(?)でありながら、体全体が真っ二つに分かれます。
ただでさえ気持ちよい生殖行為が、体全体ですよ。体全体。
体験してみたい。。。
[PR]
by w_junji | 2004-06-13 23:00

Qhey萌え

QheyさんっていうDJ大好きなんです。

彼のプレイはリズムというか、間がすごいんです。
自分が予想するのと必ず少しずれて始まったり、終わったりする。
それでいて、そのずれが心地よかったりします。
それに、彼の選ぶ音は原始的な感じがして、
踊っているうちに自分が消えていきます。
そして、世界というか、何かと自分が一体になる感じがします。

イベントの名前が「reboot」っていうのですが、
まさに、世界とつながることで、自分を再起動。
[PR]
by w_junji | 2004-06-10 15:05

あなたはなぜ研究をするのですか?

そんな質問をされたとき、世の中の研究者はどう答えるのでしょうか?
「自分の興味あることを突き詰めるため」
というのが一般的な答えかもしれません。

自分の場合
「世界、社会、他人とつながりたくて研究している」
というところがあるんじゃないかなと思ってます。
(ここでいう世界というのは、自然とか、人とかいろんなもの含めた
全体というぼやっとしたイメージですが。)

あんまり、うまい言葉が見つからないのですが、
人間や社会の本質を考え、それを自分なりに表現することが
自分が世界とつながり、他人にとって自分が存在する意味を持つ
ことに通じるのでは、と思ってます。

なんか逆説的ですが、
自分の中の意思、哲学、妄想、価値観を突き詰めることが
世界とのつながり、他人とのつながりを深めてくれる気がします。
[PR]
by w_junji | 2004-06-10 09:49

単純はラクチン

初めて会った人には、自分は「何を考えているかわからない」とよく言われます。
でも、少し長く一緒にいる人には自分は「わかりやすい」って言われます。
うれしいとき、悲しいときがすぐ態度に出てわかりやすいそうです。

自分は
楽しいことがあるとすごくシアワセになるし、
一方で、ちょっとしたことで、すごく落ち込むので
結構、感情に波があるんです。
わかる人がみたらおもしろいんでしょうね。
今、シアワセそーとか、今度は落ち込んでる。とかすぐわかって。

さらに、表情読み取りのプロに言わせると
最近は、よりわかりやすくなったそうです。。。

それには少し心当たりが。
実は、今までは、落ち込んだときは
それにわざと気づかないようにしたり、我慢しようとしたりしてました。
だから、楽しそうでもどこか暗かったり、ちょっと複雑だったかもしれません。
でも、最近、落ち込んだときには我慢せず、感情を吐き出します。涙流して泣きます。
そうすると、自分の考えていた些細なことに気づいてすぐ立ち直ります。
単純なんです。
でも、そのほうが回りも気づいてくれるし、ラクチンです。
[PR]
by w_junji | 2004-06-10 01:37