英単語のお勉強

「Perceptiveness」

【名】 知覚力、洞察力、直感的な鋭敏さ
その場の状況や他人の気持ちに対する「洞察力」をいう。
この点で sensibility の類義語といえるが、sensibility が直感に焦点を合わせるのに対し、perceptiveness は視覚や触覚など身体的な知覚力を指すことが多い。

最近自分が思ってることに近いなぁ。
そんな単語、英語にもあるんだ。

頭で考えられることなんてわずか。
身体の中にいる、意識に上らない自分のほうがたくさんのことを感じ、考えている。
彼の思いを引き出すために、
心のどこかで生まれる予感、引っ掛かりを大切にする。
そして、そのぼやっとした思いに、適切な言葉で輪郭を与えてやる。

誰かと話しているときも一緒で、
相手の言葉を頭で理解しようとするだけじゃなくて、身体で感じようとする。
そうすると、いろんなものが伝わってくる。

豊かな生活は豊かなPerceptivenessに支えられていると思う。
理解じゃなくて実感のある生活をしたい。
身体で感じ、頭の端で考え、思いをめぐらせる。身体から漏れ出すくらい。

Brain Slip Sketchと勝手に名前をつけているちょっとした遊び。
なんとなしに風景が眼に留まったとき、
どんな絵になるかわからないけど、とりあえずペンを走らせる。
写し取るんじゃなくて、印象に輪郭を与える感じ。
(これは、丸っぽいとか、暖かいとか、エネルギーを感じるとか。)
いちばん印象に残ったところから描いていって、
全体の構図なんて考えずにどんどんペンを滑らせる。
頭の端の意識と無意識のはざまでペンを動かす。
最終的にどんな絵になるかわからないドキドキ感がたまらない、
無意識な自分とのコラボレーション。

結果として、そのとき感じていたものや、そのときの自分の状態が絵となって出てきます。
絵は正直なので、「ああ、今の自分ダメダメかも。」とかすぐわかります。
a0014725_2414849.jpg

[PR]
by w_junji | 2006-01-27 02:41 | 自己紹介の代わり


<< 公共広告機構です。 ぼくの言っていることに一貫性を... >>