とどいているかんじ

自分のしたことがどこかへ届いている感覚

それが見えないものであったとしても,

届いていることを信じることができるか,感じることができるか.

目の前にあるものが,どこかを通ってみんなの何かに

それを信じられるか,

自分で投票したことが,テレビの向こうの国会に影響を与えることができるのか?

にしても,

それを信じられるシステムが必要だと思います.


ICC オープン・スペース2013(2013/5/25─2014/3/2 )
《心音移入》 安藤英由樹+渡邊淳司+佐藤雅彦

オノマトペ研究の射程ー近づく音と意味 ひつじ書房 (2013/4/30)

東京新聞 <育てよう 科学魂> 触覚の世界を体感する(2013/4/30)

日刊工業新聞(2013年06月07日) Yu bi Yomu

色彩から見る近代美術の脇本厚司さまの文章にて取り上げられました.

科学で体験するマンガ展@愛媛2013年8月2日(金)~9月1日(日)
[PR]
by w_junji | 2013-08-05 09:48


<< おおがきビエンナーレ 文学展 >>