消費される私

今日、友達と話をしていて「情報を消費する」って言葉が出てきました。

情報学の先生もそんな言い方をしてたけど、正直あんまり、ピンとこない。

何らかの情報や生活スタイル、思想を外部から受け入れ、解釈するものの
自分の中では根付かず、ひと時の流行のように消えていくことを
「情報を消費する」というのでしょうか。

明確な個性や信念なく集められたものが、自分に根付かないのはある意味、当然。
逆に、個性や信念があれば、情報を取捨選択する指針になるし、
情報があふれている社会だったら、そういうものを持っていた方が生きやすい。

自分も、そういう指針を求めてしまうのだけど、
一方で、そういうものって本当にないといけないのかな?
なんて思う自分もいます。

情報を消費しまくって、それに翻弄され続けるのも一つの生き方だし、
翻弄された中にいても、情報を消費し続ける体力さえあれば、
翻弄されていることに自分自身が気付かず、そのほうがシアワセな人もいる。
下手に消費することの意義なんて考えてしまうから、辛く、苦しくなってしまう人もいる。

誰もが、自分の道を歩き、自分のために情報を「消化」できるわけじゃない。
(解釈した情報が自分の中で根付いていくことを消化と表記しています)
売り上げを上げるために、ひたすら、飲んで吐くことを続けるホステスのおねえさんみたいに、
生きている充実感のようなものを得るため、情報を消費し続ける人もいる。

そういうことを確信犯でやっている人もいるし、べつにそれはそれでいいと思う。

そして、最近思うのですが、
情報だけじゃなくてコミュニケーションも消費されるのだな、と。
以前は、自分とのコミュニケーション、出会いは相手に「消化」して欲しい。と願っていました。
自分がこの人と会い、話し、笑い、悲しんだことが
相手にとって多少なりとも、意義があり、身体に根付くものであって欲しい。

でも、それを相手に期待する権利なんて自分にはないんですよね。

ブランド物で身を固めた若い娘が、ブランドを消費して、
その瞬間にはある種の満足感を得ているように、
出会いやコミュニケーションも、消化はされなかったとしても、
消費されることでその瞬間は何らかのエネルギーを生み出していると思う。
(ある種の充実感のために出会いを消費し続ける人もいるけど。)

だから、自分との出会いやコミュニケーションが消費されるだけでもかまわない。

もちろん、消化されれば喜ばしいことで、そのために努力はするけれど、
消化されるかどうかは相手が決めること。
消費され、その瞬間に大きなエネルギーを生み出せれば、それだけでも素晴らしいこと。
[PR]
by w_junji | 2005-02-22 05:06 | 自己紹介の代わり


<< 心の声と八つ裂き光輪 モホイ・ナジ >>