数の触感

共感覚の方で数字(色はついてない)を見ると
数字ごとに違った色がついて見えるという人がいます.

数字の文字の形によるのではなく
数という概念に対してこのようなことが起こるようです.

もし,数に触覚の質感があるのなら,
1は,ポコっとしている.
2は,サクっとしている.
3は,ピンとしている.
4は,ネバっとしている.
5は,フワっとしている.
など,でしょうか.

数の質感があるのなら,数が存在している感覚,実感もあってよいかもしれない.
「ああ,3てこんな感じですよね.」
という感覚を得るためには,どうすればよいのだろう...


最近の一般向け文章です.
・・・
触れる感覚の質感・実感に着目したコミュニケーション
渡邊 淳司

近年の電子機器やゲームでは、触覚に対する情報提示が注目を浴びています。
しかし私たちは、触覚を通じて情報を認識するだけでなく、触覚を通じてあらゆる
ものに豊かな質感を感じ、それが環境に実在することを確認しています。
リンク
[PR]
by w_junji | 2011-09-25 22:54


<< 発症する言葉 Ars Electronica... >>